タクシー求人探し方ガイド【東京編】 » 【現状は?今後は?】もっと知りたい!タクシー業界 » タクシー運転手が頭を悩ませるタクシートラブル事例集

タクシー運転手が頭を悩ませるタクシートラブル事例集

タクシー運転手が避けては通れないもの

タクシードライバーには、仕事をする上で避けて通れないものがあります。それは、お客さんとのトラブルです。お客さんのトラブルは、他の飲食業や、接客業でも避けては通ることが出来ないものですが、大きく異なる点があります。それは、1人で全て対処しないといけないという点です。他の業種であれば、お客さんのトラブルが発生しても1人でなく、複数人で対応するケースや、責任者が対応してくれるケースがあります。しかし、タクシーは、誰も助けてくれない環境です。そのため、トラブルへの対処を心得ておかないといけません。一体どんなトラブルがあるの?と疑問に思う人もいるかもしれません。そこで、ここでは代表的なタクシーのトラブルにはどのようなものがあるかを紹介しています。

実際にあったタクシーのトラブル事例集

タクシー業界に転職するにあたって気になるのが乗客とのトラブルです。運転手の立場で考えると大変なことが多そうと思うのも当然です。テレビを見ていると、タクシー運転手が、迷惑客に絡まれて困り果てているというものを目にしたことがありませんか?あれは、ほんのごく一部なのです。しかし、実際トラブルはたくさんあります。

そこでよくあるタクシーのトラブルについて私や同僚の体験なども含めて集めてみました。

運賃・支払い関連

所持品を置いて乗り逃げされてしまった

財布を忘れたので家までお金を取ってくると言われ待っていたのですが、30分近く経っても戻ってきません。所持品の携帯電話を置いていったので大丈夫だと思っていたのですが、手にとってよく確認すると模造品でした。

置き逃げは、典型的なトラブルの1つです。彼らは乗り逃げをされる最後まで、わからないケースが多いのです。人によっては、財布の代わりに、紙袋、傘など無くなっても良いものをそこに置いて行く人もいるようです。彼らの特徴は、普通の人を装っているということ。一見、紳士的な対応をしてくる人もいます。そのため、タクシー運転手は気づかないのです。新人タクシー運転手が、引っかかりやすい事例とのことです。対策は一応あるようですが、ここで書いてしまうと、対策が分かってしまうので、お教えすることが出来ませんが、新人では気をつけたいトラブルです。

難癖をつけて運賃を払わない客

言われたとおり目的地までお客様を運んだのですが、道が間違っていたとかわざと遠回りしたとか言って運賃を払おうとしない人がよくいます。困りますと言うと大声を張り上げたりするので手に負えなくなります。

この手の人の中には、こんな言い訳をしてくる人もいます。「いつもはこれくらいかかるのに、今回は1000円高い。その分負けて欲しい」と。この時、毅然な態度で対応をしないと、付け込まれることもあります。値切り交渉は、典型的なトラブルなので、覚えて置きましょう

ストレス発散客

値切り交渉と同時に、こんなことをしてくるお客さんもいます。お客さん自身の機嫌が悪いという理由で、運転手に永遠と文句をいう人もいます。「とにかくストレスを発散したい」という場合です。この時は、ただ聞いてその場を凌ぐという我慢強い時間を必要としますが、実際にこういうお客さんは存在するので、覚えておきましょう。タクシーに乗る人の中には、無茶なことをいう人もいるのです。

道路交通違反煽り客

道を教えると同時に、無茶な要求をしてくる人もいます。タクシーは、道路交通法に遵守しながら走らなければいけません。しかし、お客さんのほとんどが、自分の都合で利用します。そのため、「約束に間に合わないので、飛ばして行ってくれ」「そこの一方通行を無視すれば近道になるので行ってほしい」とアウトな要求をしてくる人もいます。そんな人たちの言うことを聞かず業務を全うする必要があります。この場合は、ひどいとクレームとして処理をされることもあるので、しっかり詳しい対応を記憶しておく必要があります。

酔っぱらい客

泥酔して行き先がわからない客

酔客は長距離も期待できるのですが泥酔状態で行き先がハッキリわからずに困ってしまうことがあります。最初は方向を指示してくれるのですが途中で酔いが回って無言になってしまい眠られてしまうこともありました。泥酔客のほとんどがしっかり意識がない場合があります。この道であっているのかをいくら確認しても、そのまま進んでくれと指示をされ、泥酔したお客さんの目が覚めた時、「ここはどこだ?何でこんなところに運んだ」と怒られることもあります。

客同士で喧嘩が始まる

デートの帰りだと思うのですが少しお酒が入った感じでカップルが乗車しました。最初は仲が良かったのですがちょっとしたことで喧嘩になってしまい、最悪の雰囲気に。黙って収まるのを待つしかありませんでした。

車内で吐いてしまう客

誰もが一度は経験があるのでは?吐かれてしまうと、一回社に帰り、車を交換、洗浄しなくてはいけないので、時間のロス!タイミングよく袋を渡すのがうまい同僚がいましたが、その人は「ゲロ神」なんて呼ばれたりしていました(笑)。

暴力客

助手席を蹴られ怖い目に遭った

暴力とまで行かないかもしれませんがお客様とトラブルがあって助手席を思い切り蹴飛ばされたことがあります。恐ろしくなって念のため警察に報告したのですが座席が壊れたわけでないので罪にはならないそうです。実はこれ、女性客も多いんです…。とくに新宿の水商売のお姉ちゃんは、機嫌が悪いとハイヒールでガシガシ蹴って来る人も…。

ネットで見つけたタクシートラブル集

ネット上にもトラブル経験談が多く書き込まれていました。いくつかご紹介します。

法人タクシー乗務員です。昨日、仕事中に一方的に暴行、恐喝をうけました。その場から何とか逃げて110番しましたが、警察は事件として扱ってくれませんでした。会社に相手から連絡が入って、相手の素性は明らかになっております。暴行恐喝の様子はドライブレコーダーに音声動画で録ってあります。まだ医者にはかかっていませんが首と腰が痛いです。 慰謝料、治療費を相手に請求することは可能でしょうか。

引用元:弁護士ドットコム https://www.bengo4.com/c_1009/c_1419/b_337252/

めちゃめちゃ怖いですけど、自分にも降りかからないとは言えない…。でも、ドラレコなど対策もとれるので、それを万全にしておくことが大事ですね。

私は夜勤専門のタクシードライバーです。

つい5日程前の乗務中にお酒に酔った乗客から暴行をうけました。

お金を持っていないという所からこの話は始まり、タクシーの仕事の夜勤では大半の乗客がお酒に酔った方である事と、暴言を吐かれる事も日常茶飯事であった事から、こんな事をしていてもお互いに不利益にしかならない旨を淡々と伝え、運賃を払っていただく様に説得しましたが、私は自分の手には負えないと判断して、すぐに110番に通報しました。

110番通報を終えた途端にお金は持っているから払うと言ったので、私はお代さえ貰えればそれで良いと思いましたので、一旦お釣りを返そうとしたら、

乗客「 おい、金額を見ろ 」

私はすぐに釣り銭の受皿に目をやると、乗客が支払ってきた金額は少し多かった為、お釣りを渡そうとしたら受け取ってもらえず、

乗客「 ドアを開けろ 」

私はこのお釣りを渡しておかなければ、こんなややこしい乗客は後でどんな事を言ってくるか分からないと不安になり、

「ドアはすぐに開けますので、実際の運賃より多い分のお釣りを受け取ってください 」と伝え、何度かこの内容でやりとり(押し問答)をした後、急に後部座席から、後部へ振り返った姿勢の私の顔面をパンチで6回、頭突きを1回、両手でつむじ辺りの髪を掴み引き千切られるといった暴行を受ける状況に至りました。

髪の毛を掴まれるまでは、私も一切の抵抗をしていませんでしたが、どんどんエスカレートしていく被告人の行為に、相手の両手首を渾身の力を込めて掴み、警察の方が到着されるまで、制圧行為に及びました、この時、被告人に打撃を与えるなどの反撃行為は一切行っておりません。

診断結果は、眼球の視力低下と顔面打撲でいずれも全治2週間の診断書をもらい、警察に提出しています。

今回の件に関しまして、私が受けた精神的屈辱及び身体的傷害は計り知れませんし、事件以降もお客様つまりは人に対して、また同じ事になるのでは?と関係のない人にまで悪い先入観を持ってしまう程です。

社会的に見ても常識から逸脱した被告人の行為は許される事ではなく、今後も私含めタクシードライバーが安心して仕事をする為にも、被告人に対してできるだけ効果的な制裁を与えたいと私は考えております。

この様なトラブルに巻き込まれたのは初めてなのですが、罰金刑だけで被告人が解放された場合、他に被告人を懲らしめる為、私が出来る手段はごさいませんでしょうか?宜しくお願い致します。

引用元:弁護士ドットコム https://www.bengo4.com/c_1009/c_1419/b_260759/

以上のようにタクシーの仕事をしていると様々なトラブルに遭遇することがあります。頻繁に起きるわけではないですが(実際私はまだないです)、可能性としてはトラブルがあることも頭に入れておく必要があるでしょう。今のタクシーは、どこの会社もドライブレコーダーがあります。これが、結果として自分を守る手段になることがあるのです。怖いお客さんを乗せてしまった時、あまりにひどい場合は、ドライブレコーダーと被害届を提出すれば、お客さんに非があるのかということが分かるようになります。また、嘘の発言でクレームされた時でも同じです。トラブルは多いのはどうすることも出来ませんが、このようなドライバーを守ってくれる仕組みがあることも覚えておきましょう。

タクシー運転手が経験するのはトラブルだけではない。

しかし、このような場合だけではありません。たまにはお客さんを乗せていることで、心温まる出来事に遭遇することもあります。

知り合いのタクシー運転手は、こんな経験があったようです。仕事で自信をなくしていた新人時代、道を間違えるミスをしたことで、お客さんに嫌な思いをさせてしまったのです。お客さんは当然のように怒り、猛烈なお叱りを受けました。あまりに自分の対応が酷かった対応に凹んでいると、「あんたが新人ってことは分かってる。色々ミスがあったけど、きちんと目的地まで運んでくれたやないか。」そう言って降車する際に、缶コーヒーを置いて行ったそうです。このお客さんの出来事が、今でも忘れることが出来ないとのことです。これは、あるタクシー運転手のエピソードですが、良い意味で印象的なお客さんとの出会いもあります。

タクシー運転手として大切なこと

業務をしていると、様々なトラブルがあります。それに対応するために大切なのが、「タクシー運転手は、接客業である。」ということを理解しているかどうかということです。接客、接遇を求められるタクシードライバー。しかし、それを理解しないまま業界に入ってくる人も多くいるそうです。そのような人は、トラブルの有無に関係なくやめてしまうことが多いとのことです。接客や接遇の基礎を理解していれば、トラブルが発生しても、対処することが出来ます。その反対で、接客業ではなくただ運転をする仕事と捉えていると、お客さんに迷惑をかけてしまったり、ダメなタクシー運転手として見られてしまうこともあります。業界に入る前に、タクシーは、接客業であることを理解しておきましょう。

タクシー運転手は、他の仕事と違い、コツコツ地道にやれば、成長していくことが出来る仕事です。やりがいを見つければ、天職と言う人もいるのです。このような人たちは、どんなトラブルでも、未然に防ぐ工夫や、トラブルに遭遇しても、毅然な態度で対処が出来るようです。彼らは、どんなことに気をつけているのでしょうか。

タクシー運転手はルールを常に守ることを心がける

タクシー業界は、様々なルールがあります。就業の前にアルコールチェックを行い、道路交通違反をしないように、しっかりルールを守って注意深く運転するなど様々です。そのため、約束が守れない人は、この業界に向いていません。逆に、ルールを守ることがしっかり出来る人は、タクシー業界に向いています。もし、地図が読めない、運転が下手ということがあっても、地道にこなしていけば、技術は向上していきます。努力次第で成長することが出来るのです。

このような姿勢を持って、タクシー業界の大手企業の面接に望めば、必ず自分にあった会社を見つけることが出来ます。タクシー業界では、大手をオススメします。それは、理由があるからです。それは、大手のタクシー会社になると、しっかりとしたトラブル対策があります。そのため、トラブルに巻き込まれてもどうすれば良いかの対処法が教えられるのです。他方、小さなタクシー会社だと、小さな

トラブルは自己責任というところもあります。そのため、なるべく大手のタクシー会社に照準を合わせて、狙っていきましょう。大手会社がわからない場合は、実際にお客さんとして利用した時に、心地よい空間と感じたタクシーはどこかを覚えておきましょう。このような空間を提供しているほとんどが大手の会社ということが多いからです。

大切なことはトラブルが起きた時にきちんと対応してくれるタクシー会社に務めていることです。すべて本人任せにしてしまう会社は避けるべきでしょう。とはいえ440以上もある事業者の中から優良な会社を見つけ出すのは非常に困難です。

まとめ

タクシー業界に転職する際はタクシー求人サイトなどで様々な不安や心配を相談できるところを利用すると安心です。トラブルも多い仕事ですが、やりがいはある仕事です。サポート体制がしっかりしている会社も多くあります。先入観で選択肢を潰すのではなく、思い切って飛び込んでみようという気持ちでチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

タクシー求人会社3選
タクシー求人会社3選

コンテンツ一覧

タクシーの現役運転手が厳選!求人情報紹介サイト集
  1. ドライバーズワーク
  2. マイナビ
  3. ノルワークス

一覧を見る

大手タクシー会社求人情報・評判まとめ
  1. 大和自動車交通
  2. 日本交通
  3. 帝都自動車交通

一覧を見る

【東京都エリア別】タクシーでの稼ぎ方・働き方
  1. 都心3区
    【中央区・港区・千代田区】
  2. 23区都心部
    【新宿区・文京区・渋谷区】
  3. 23区東部
    【台東区・墨田区など】
  4. 23区南部
    【世田谷区・目黒区・品川区・大田区】
  5. 23区西部
    【中野区・杉並区・練馬区】
  6. 23区北部
    【北区・板橋区・豊島区】
  7. 武蔵野市・三鷹市
  8. 八王子市
  9. その他東京都市町村
    【立川市・町田市など】
【出稼ぎ】地方から東京で運転手になるには【単身赴任】
【東京23区】月収50万稼ぐ方法【タクシー運転手】
  1. タクシー運転手の年収
  2. 大手or中小?タクシー会社の選び方
  3. 効率的な乗客の乗せ方
  4. 客単価の上げ方
未経験者がタクシー運転手になるには
  1. どんな資格が必要か
  2. どんな人が向いてるか
  3. 良いタクシー会社の探し方
  4. タクシードライバーになるまで
  5. 1日の仕事の流れ
  6. タクシー初心者が稼ぐための3つのポイント
  7. タクシードライバーはブラックってホント?
【現状は?今後は?】もっと知りたい!タクシー業界
  1. タクシー業界よくあるトラブル集
  2. 【2017年1月】初乗り料金改定後…どうなった?【損or得】
  3. 2020年、東京オリンピックでタクシー業界に変化が!
  4. タクシーアプリは運転手にとってメリットなのかデメリットなのか
タクシードライバーと他ドライバー職のメリット比較
  1. 運転代行
  2. トラック
  3. バス

PAGE TOP