ドライバーズワーク マイナビ ノルワークス
面接までサポート

公式サイト

電話問合せ

転職最大手

公式サイト

電話問合せ

シニア向け豊富

公式サイト

電話問合せ

タクシー求人探し方ガイド【東京編】 » 【現状は?今後は?】もっと知りたい!タクシー業界 » タクシーアプリは運転手にとってメリットなのかデメリットなのか

タクシーアプリは運転手にとってメリットなのかデメリットなのか

ここではタクシーアプリがタクシー運転手に与える影響と代表的なタクシーアプリについて紹介しています。

タクシーアプリの利用拡大で運転手は楽になる!?

スマートフォンの普及で人々の生活はずいぶん便利になりました。自分の好きなアプリをインストールして必要な情報を得たり、商品も購入することができます。

タクシー配車アプリ(以下タクシーアプリ)もその中の1つで終電を逃して帰宅できなくなったり荷物が多い場合に、どこにいてもスマートフォン1つで簡単にタクシーを手配することができます。もともとタクシーには共同配車システムというものがありました。コールセンターで受けたタクシーの呼び出し依頼を振り分けるものですが、それがタクシーアプリの登場によりさらに便利になったというわけです。タクシーアプリは、日に日に進化をしています。様々なアプリが多い中、最近主流になってきているのが、キャッシュレスです。タクシーの予約をする際に、決済を済ませるというもので、このことで、降車する際の手間を省くことができます。また、お財布が無くて緊急事態の時でも、キャッスレスの手続きをすれば、お財布いらず。今後もますますタクシーアプリは、進化し続けるといっても良いでしょう。

利用者にとって便利になるのはわかりますが、運転手にとってはどうでしょうか。結論から言うと十分なメリットがあります。通常、タクシーは「流し営業」というスタイルで運転しながら乗客を見つけるのが基本です。ところがこの方法だと長年の経験を積んだベテランのほうが有利になります。タクシーアプリが今よりさらに普及すれば、経験の浅い運転手にも乗客獲得のチャンスが増えて格差が是正されることが期待できます。

またタクシーアプリを使うことによって乗車場所と目的地が運転手側にも正確に伝わるので間違いが起きにくくなります。さらに「流し営業」にかかる燃料代も削減できますから効率よくタクシー業務ができるようになります。

初心者タクシー運転手の味方、タクシーアプリ

初心者タクシー運転手にとって、アプリはとても画期的なものと言えます。

ベテランの運転手が獲得するお客さん以上に、お客さんを得ることが出来るため、とても有効な手段です。しかも、今のアプリの中にはキャッシュレスで利用することが出来るため、先に目的地を指定するものが多くあります。新人ドライバーで苦戦してしまうのが、地図です。行き先がわからず、お客さんに聞いて怒られてしまうおそれや、近道がわからず遠回りをしてお客さんに迷惑をかけてしまうケースがあります。

スマホアプリを利用するお客さは、事前に行き先が分かるので、新人タクシー運転手でも事前に対策を立てることが出来るからです。新人タクシー運転手にとっては、スマホアプリのお客さんは積極的に案内していきたいと思うに違いありません。初心者タクシー運転手が、根をあげてしまう問題を解決するために、まずタクシーアプリのお客さんを優先的に新人タクシー運転手が対応することが出来ることになれば、未経験タクシー運転手でも安心して経験値を増やして行くことが出来るでしょう。

知っておきたい代表的なタクシーアプリ

タクシーアプリも複数ありますが基本的な機能はどれも同じで無料で使えます。ここでは利用者が多くて評判が良いものをピックアップして紹介しましょう。

全国タクシー

日交データサービスが提供しているタクシーアプリです。全国47都道府県の主要都市で利用でき事前登録なしでもすぐに使えます。区間指定することで事前に概算料金がわかり、空港定額サービスもあるので出張が多いビジネスマンにオススメです。

スマホdeタッくん

東京最大のタクシーアプリです。都内法人タクシーの1万台以上の車両が対応し、空車表示や車種選択など視覚的にもわかりやすい便利な機能が搭載されています。サービスエリアが東京23区と武蔵野市・三鷹市エリア限定なので都内利用が便利です。

LINE TAXI

LINEの追加機能としてスタートしたタクシー配車サービスでLINE Payを利用していればすぐに利用できます。当初は対応エリアが都内のみでしたが現在は全国に拡大中です。LINEのアプリを普段から使っている人はシームレスに使えるので楽です。

Uber

もともとはドライバーと利用者をマッチングするアメリカで生まれたサービスですが、日本ではタクシーとハイヤーの中間のようなサービスを展開しています。タクシー運転手と直接連絡がとれるのが特徴ですが対応エリアが狭いので利便性に欠けます。

レアタク

高級車タクシー専門のタクシーアプリです。ベンツやBMW、アウディなど車好きにはたまらない車両ばかりが登録されていて、地図から検索して乗りたい車種を指定できます。夫婦の記念日など特別な日をデラックスに演出する際にも使えます。

タクシーが呼べるタクベル

「タクシーが呼べる、タクベル」の特徴は、操作が簡単で一番近くのタクシーがスピーディに対応してくれますので、ストレスも少なく利用ができます。到着時間の目安もはっきりとわかり、到着が近くなると通知が来るので、待ち時間も有効に使えます。車内での支払いが不要なネット決済に100%の車が対応もしています。2018年現在、横浜市と川崎市全域で利用することができ、2018年の夏ごろには神奈川県全域まで拡大予定しています。今後、その他の地域においても順次サービス展開を行っていく予定でもあります。

フルクル

「フルクル」は、スマホを振って「タクシーに乗りたい」とサインを出すだけで、周辺の空車のタクシーが集まってくるといった、タクシーと利用者を「ゆるーく」つなぐマッチングアプリとなります。大きな特徴として、アプリを使って自分の周辺約500メートルにいる空車のタクシーがチェックできます。それと、タクシーがいることがわかったら、後はスマホを振るだけでその場に空車のタクシーが集まってくれます。サービスの提供エリアは、東京23区から三鷹市、武蔵野市あたりまでエリアを伸ばしています。気軽に使えるのがユーザーにとって最大の特徴になるのかもしれません。

MKタクシースマホ配車

「MKタクシースマホ配車」は、地図を使って簡単な操作で配車の依頼や予約ができます。場所の説明や通話料も不要ですので、気軽に利用することができるでしょう。地図を使って迎えに来てほしいところを指定し、一度に2~3台まで複数台の依頼も可能です。配車が確定後、タクシーの現在地をリアルタイムにチェックもできます。空港定額タクシーの利用も可能で、「運賃を調べる」機能を使えば、タクシーの概算運賃も調べることもできるのです。「登録先」機能を使うことでよく利用するお迎え先も登録ができ、事前にクレジットカード情報を登録しておけば、クレジット決済注文も利用することができて非常にスムーズです。使えるエリアも幅広く、札幌地区、名古屋地区、京都地区、滋賀地区、大阪地区、兵庫地区、福岡地区といった、全国的に幅広く利用することもできます。

大和自動車交通タクシー配車

スマホで、電話対応なしにタクシーを呼び出すことができるアプリです。どこに来てほしいのか、目的地がどこなのか、全てアプリに登録することで、自分の言葉で説明する必要がなくなります。ですから、風邪をひいて声が出ない人や、人と話すのが嫌でタクシーを頼まない人でも気軽に利用することができます。また、受付完了や配車完了、現在のタクシーの位置もアプリから確認できるので、タクシーの到着に合わせてお店や家での待機も可能です。運賃検索機能もあるため、目的地までの料金は前もって把握でき、お金が足りないという状況の防止にもつながります。利用することで、敷居の高いタクシーを活用しやすい交通機関にしてくれるアプリです。

タクシーチャンピオン 配車でポイント貯まる

他の交通機関に比べるとどうしても割高に感じてしまうタクシーですが、何かお得感があればもっと使ってみようと思えるかもしれません。この「タクシーチャンピオン 配車でポイント貯まる」というアプリは、タクシーを呼ぶとポイントが貯まり、auウォレットやマイル、nanacoといったポイントと交換ができます。他にも、ワンボタンで最寄りのタクシー会社に電話ができるなど、タクシーを呼ぶのに便利な機能も満載です。タクシーを敬遠していた人にとってもちょっと使ってみたくなりそうなアプリになるのかもしれません。ポイントが貯まることで、大きな出費も小さな幸せに替えることができるかもしれません。

タクシー東京無線

「ここに迎えに来て!」と地図上で選択するだけで、タクシーの迎車手配ができてしまう便利なアプリです。メイン画面は周辺マップで、位置情報を取得すればデフォルトで現在地にピンを立てます。「タクシー注文」アイコンから迎えに来てほしい位置を選択し注文すると、即座にタクシーを手配してくれます。どんなタクシーが迎えに来てくれるのかの詳細情報も教えてくれるので、見逃す心配もありません。注文は履歴に自動で登録され、よく使う地点は別途登録も可能なので、タクシーをマメに利用する方にはありがたいアプリとなります。また、「運賃を調べる」アイコンからは、同様に地図上で乗降ポイントを設定するだけで、概算運賃と走行距離、迎車料金などを表示してくれます。こちらも効率的な移動にとっても役立つツールだと言えるでしょう。「なかなか電話が繋がらない」、「近場のタクシー会社の番号が分からない」、「指定場所をうまく説明できない」、などの悩みもこれで解消できるはずです。利用の前に連絡先電話番号や氏名の登録が必要ですが、1度登録してしまえばあとはスムーズに利用することができます。

たくる

「たくる」というアプリの優れたところは、タクシーを呼びたい場所を指定すると、近くを走行中の空車タクシーにメッセージを飛ばす事ができるところです。しばらくすると「○分以内にお迎えに上がります」という通知がくるので、そのタクシーで良ければOKをタップすれば完了です。ですので、わざわざタクシーを探すため周囲に目を凝らす必要はありません。呼びたい日時を指定する事もできる汎用性の高さも魅力の1つではないかと思われます。「禁煙タクシー」、「ペットタクシー」、「介護タクシー」などなど、こだわりがある場合は「県名とサービス内容で検索」から検索することで探すことができます。サービスも併せてタクシーを探す事ができるので、ハズレを引く可能性がかなり低くなります。タクシーがなかなか捕まらない時の最終兵器といっても過言ではないアプリかもしれません。

Too Drunk To Drive

この「Too Drunk To Drive」というアプリは、お酒をかなり飲む人に向いているアプリとなります。一般的に、お酒でかなり酔ってしまうとスマホの操作もままなりません。しかし、このアプリだと「タクシーを呼ぶ」、「友達を呼ぶ」の2択の大きなボタンで迎えを頼むことができるのです。ここまでシンプルな機能であれば、どんなにフラフラになっても無事に家まで帰ることができるでしょう。使いたいタクシー会社と、信頼できる友達の番号を設定しておくだけで迎えが頼めるアプリなのです。操作も非常に簡単ですので、あらかじめ飲む友達に操作方法を伝えておくことで、記憶がなくなった場合でも友達に頼んでおけば家路につくことができることでしょう。

ポケットタクシー

この「ポケットタクシー」の最大の特徴は、タクシーの種類や運転手によっての失敗を大きく避けることができるといった点になります。主要な駅周辺では待たずに簡単に拾えて、好きな場所まで乗せて行ってくれるタクシーですが、運転手を選べないという点は時に不都合なこともあります。このアプリでは、近くを走っているタクシーを検索できるだけでなく、お気に入りの運転手さんが見つかった時には直接依頼ができるといった、今までにないタクシーを便利に利用できるアプリなのです。仮に初めての運転手さんであっても、他のユーザーの評価などを確認した上で配車依頼をするかどうか選べるので、ひどい運転手さんにあたってしまったということが回避できるのも嬉しい点と言えるでしょう。

DeNAもタクシーアプリに参入

2017年6月23日、DeNAが「AIを活用したタクシー配車アプリの実用実験を今夏に開始」というニュースが流れました。以下に、そのリリースの一部を引用します。

このタクシー配車アプリは、対応する乗務員専用端末とセットで、タクシーの配車がスムーズに行われるサービスとして提供するものです。 乗客は、アプリで予想到着時間を事前に確認した上で指定の場所へタクシーの配車依頼を行うことが可能で、周辺を走行中のタクシーが可視化されて表示されるため、空車走行中のタクシーを簡単に確認することができます。その上、迎車地点で乗客と乗務員が効率よく出会えるよう、お互いの現在地を確認できる機能や定型メッセージを送り合える機能といった特徴的なシステムも実装します。 また、このサービスにはAIを活用した「需要予測システム」を導入します。この「需要予測システム」は、運行中の車両から収集するビッグデータとタクシー需要に関連する各種データを解析し、乗務員へリアルタイムにタクシー需要予測情報を提供します。
まずは実用実験は、横浜市の中区、西区及びJR横浜線沿線(東神奈川~長津田)周辺のエリアを対象に2ヶ月実装実験をするそうですが、どんな展開になるんでしょう。。

引用・参照::DeNA http://dena.com/jp/press/2017/06/23/1/

個人的には、アプリもありすぎるとこちらとしても、お客さんとしても収集つかなくなるので、1本化は難しくとも、2個くらいがいいんじゃないかなあとか思いますけどね。

ただ、良い事ばかりではありません。もちろん、デメリットの部分もあります。どんなデメリットがあるのでしょうか。

タクシーアプリの弱点

便利なタクシーアプリでも、弱点があります。それは、特定の時期や、時間には全く機能しないということです。これは、タクシー運転手だけでなく、利用者側も理解しておく必要があります。なぜかというと、利用してもタクシーが全く来ないことがあるからです。どんな時に、利用しない方が良いのでしょうか。

大雨や非常事態時

大雨時は、タクシーアプリの精度が悪いのか電波が悪いのか、原因は様々ですが、とにかくつながりにくいと言われています。これは、タクシー運転手からもその問題が指摘されています。大雨の日は、避けることをお勧めします。また、災害が起きた時も同様です。大型地震や、台風などが起きた際も、タクシーは捕まりにくくなります。これは、アプリを使っても直接電話をしても同じです。この時にアプリを活用しても、まずタクシーを利用することができないので、気をつけておきましょう。

年末、忘年会シーズン

忘年会シーズン、 年末の夜は、タクシー利用が困難です。タクシー側からすると、お客さんを乗せ放題な状況になるため、タクシーアプリは後回しになってしまいます。もちろん、数日前から予約をすれば、話は変わってきますが、当日飲み会直後にタクシーを。なんて考えではまず利用することが難しいので覚えておきましょう。

首都圏内であれば、アプリを活用すればすぐにタクシーが来てくれる可能性がありますが、郊外では話が違います。住宅街にタクシーが都合よくいるケースはごく稀です。そのため、郊外にいる人は、アプリを使っても、直接電話をしても大差はないと言われています。郊外から利用する際は、タクシーが来るまで時間がかかると理解しておきましょう。

このように、スマホアプリは利用すればいつでもタクシーを捕まえることが出来るということではありません。利用者もタクシー運転手も、この特性を理解しておく必要があります。もちろん、便利なものに変わりないですが、過信しすぎないように注意が必要です。

タクシー運転手が伝えたい、アプリ使用の注意点

便利なタクシーアプリですが、気をつけなければいけないこともいくつかあることがわかりました。一方で、運転手はユーザー側に気をつけて欲しいと思っていることがあるようです。一体どのような点にユーザーは気をつけなければならないのでしょうか。実際に、タクシー運転手に意見を聞いてみました。

道路状況を確認してから、場所を指定して欲しい。

タクシー運転手にとって、重要なポイントは車の停車位置です。タクシーアプリでは、地図上でのどこでも、自由に迎え先を指定することが出来るため、タクシーは、その場所に向かわないといけません。土地勘がわかれば、その場所近辺の道路状況がわかるので、停車することが出来る場所、そうでない場所がわかります。しかし、慣れていないと実際に行ってみないとわかりません。場合によっては、停車できない。なんてこともあります。ユーザー側も、この道はタクシーも停車することが出来る。という把握をしておく必要があります。

キャンセル問題

アプリでよくあるトラブルが、キャンセルについてです。予約をしたけれど、キャンセルをし忘れていた。というケースが多々あるようです。タクシー運転手が確認するまで、予約キャンセルがわからなかった。というケースもあります。キャンセルについては、しっかりと手続きするように心がけましょう。また、キャンセルにならないようにアプリを活用する気持ちも大切です。タクシー運転手は、その分時間を取られてしまうので、注意が必要です。

タクシーアプリを、今後どのように活用すべきなのか。

デメリットのポイントをいくつか整理すると、やはりタクシーアプリはまだまだ活用するのは難しいのではないでしょうか。そう感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、そうとは限らない点もあります。その理由は、アプリの普及です。

まだまだタクシーアプリは普及したばかり。どの製品もそうですが、普及直後は様々な問題を抱えています。今がちょうどその時です。日に日にアプリのトラブルを改善する動きがあります。

この先、アプリが主流になる可能性も少なくありません。そのため、トラブルを把握しておき、アプリを活用することで、利用者側だけでなく、運転手側にもメリットがあると言えます。

やはり、お客さんを探すための無駄な距離を運転しなくても良いのが、このアプリを導入するメリットです。初心者タクシー運転手の受け入れ口を大きくするためにも、タクシーアプリは、より導入すべきだと言えるでしょう。

理想のタクシーアプリとは?

タクシーアプリは、様々な種類のものが発表されてきました。

一体どのようなものが使いやすいのでしょうか。

今のところ、「これが一番良い」というアプリはありません。どのアプリにも特性があるので、良い点や悪い点があるからです。しかし、自分がどのような時に利用したいのか。を考えておけば、利用すべきアプリが見つかるのではないでしょうか。

例えば、都内に近郊のタクシー予約に強いアプリもあれば、LINEのポイントでタクシー料金を払えてしまうアプリもあります。自分がどのアプリを利用すると良いのか。見極めておきましょう。

また、導入を検討しているタクシー会社もどのアプリを活用するのかということも大切です。大手タクシー会社は、すでにアプリを取り入れている場合がありますが、小さなタクシー会社でも、アプリ導入の動きがあります。この時、ターゲットは誰であるか。ということを明確にしておけば、導入した後も、うまく活用することが出来るからです。

便利なタクシーアプリを有効活用するためにも、タクシー運転手側は、アプリの特性を再認識するとともに、新人タクシー運転手はアプリの利点だけでなく、問題点もあるということを理解しておくと良いでしょう。お客さんにとっても、タクシー運転手にとって、アプリは強い味方になると言えるのではないでしょうか。

タクシー求人会社3選
タクシー求人会社3選

コンテンツ一覧

タクシーの現役運転手が厳選!求人情報紹介サイト集
  1. ドライバーズワーク
  2. マイナビ
  3. ノルワークス

一覧を見る

大手タクシー会社求人情報・評判まとめ
  1. 大和自動車交通
  2. 日本交通
  3. 帝都自動車交通

一覧を見る

【東京都エリア別】タクシーでの稼ぎ方・働き方
  1. 都心3区
    【中央区・港区・千代田区】
  2. 23区都心部
    【新宿区・文京区・渋谷区】
  3. 23区東部
    【台東区・墨田区など】
  4. 23区南部
    【世田谷区・目黒区・品川区・大田区】
  5. 23区西部
    【中野区・杉並区・練馬区】
  6. 23区北部
    【北区・板橋区・豊島区】
  7. 武蔵野市・三鷹市
  8. 八王子市
  9. その他東京都市町村
    【立川市・町田市など】
【出稼ぎ】地方から東京で運転手になるには【単身赴任】
【東京23区】月収50万稼ぐ方法【タクシー運転手】
  1. タクシー運転手の年収
  2. 大手or中小?タクシー会社の選び方
  3. 効率的な乗客の乗せ方
  4. 客単価の上げ方
未経験者がタクシー運転手になるには
  1. どんな資格が必要か
  2. どんな人が向いてるか
  3. 良いタクシー会社の探し方
  4. タクシードライバーになるまで
  5. 1日の仕事の流れ
  6. タクシー初心者が稼ぐための3つのポイント
  7. タクシードライバーはブラックってホント?
【現状は?今後は?】もっと知りたい!タクシー業界
  1. タクシー業界よくあるトラブル集
  2. 【2017年1月】初乗り料金改定後…どうなった?【損or得】
  3. 2020年、東京オリンピックでタクシー業界に変化が!
  4. タクシーアプリは運転手にとってメリットなのかデメリットなのか
タクシードライバーと他ドライバー職のメリット比較
  1. 運転代行
  2. トラック
  3. バス

PAGE TOP