稼げるタクシー求人の探し方ガイド

現役タクシー運転手がオススメする求人サイト&テクニック集

トラック

タクシードライバーとトラックの運転手、それぞれのメリットや必要な資格、給与などについてまとめました。

トラックドライバーに必要な資格

トラックトラックドライバーとして働くためには、その会社で運用しているトラックに積める荷物の量によって、取得しなければならない免許が違います。

車に目一杯積める荷物が3トン未満、荷物と車の重さを合わせて5トン未満であれば、普通免許(第一種運転免許)でも運転できます。小さい荷物をメインに扱う宅配業者であれば、普通運転免許や重量制限がついている中型免許でも問題ありません。

ところが、5トン以上の荷物を積めるトラックの場合は、大型免許が必要となります。さらに、トレーラーを運転する場合は牽引免許という、特別な免許が必要になります。未取得者へのサポートを行っている会社は、数としては少ないですがあるようです。

これに対しタクシードライバーになるためには、第二種運転免許が必要。さらに東京や大阪などの一部地域では「地理試験」に合格しなければいけません。

トラックとタクシー、ドライバーの収入を比較!

トラックドライバーの平均収入は400万円前後と言われています。もちろん、会社の規模や仕事内容によって差があります。特徴としては日給で支払う会社が多いことが挙げられます。

このほか諸手当もついています。最近では安全性への考慮から、無事故無違反のドライバーには特別手当を支給する会社もあります。その代わり万が一事故を起こした場合、修理費用を給料から天引きするケースもあります。

一方、タクシーは全国平均で約300万円。全国平均だけを見ればトラックドライバーの方が高くなりますが、タクシードライバーの給料は歩合制が採用されているので、頑張り次第で平均以上に稼ぐことが可能です。

勤務体系を比較!

トラックドライバーの勤務時間は基本は1日8時間ですが、運ぶ品物や目的地によって変わってきます。長距離ドライバーだと夜勤が多いでしょうし、個人宅への宅配便であれば昼間の勤務が多くなります。

重い荷物の積み降ろしが多いことから、体力面と精神面の管理も求められる職業です。シフト制を採用して365日営業している会社もあれば、土日祝は全社で休む週休二日制の会社もあるなど、勤務体系はさまざまです。

これに対し、タクシードライバーの場合、1日長時間(20~21時間)働き、翌日は休むという隔勤の人が多いのが特徴です。

 
ページの先頭へ