稼げるタクシー求人の探し方ガイド

現役タクシー運転手がオススメする求人サイト&テクニック集

大手or中小?タクシー会社の選び方

ここでは大手と中小と比較してどのようなタクシー会社がよいのか選び方について解説しています。

大手と中小のタクシー会社はどこが違う?

タクシー会社には誰でも一度は見たことがあるような大手とあまり馴染みのない中小の2種類があります。両者を稼ぎやすさという点で比べてみた場合には圧倒的に大手が有利です。それはなぜでしょうか。

大手のメリットその1:ブランド力と安心感がある

大手は福利厚生や待遇面が充実しているなど働く側にとっても安心感がありますが、乗客としてもブランド力による安心感でファンが大勢います。特に富裕層には特定のタクシー会社でなければ乗らないという人もいるほどで、法人契約をしているケースもあるので安定して乗客を確保することができると言えるでしょう。

大手のメリットその2:共通のタクシーチケットが使える

東京では「東京4社」と呼ばれる大手タクシー会社があります。大和自動車・日本交通・帝都自動車・国際自動車のことで業界では「大日本帝国」とも呼ばれています。この4社は共通で使えるタクシーチケットやプリペイドカードを発行していて、その契約件数は1万件以上。すでに定期的に利用してくれる固定客を獲得しているのです。

大手のメリットその3:専用乗り場が設けられている

大手タクシー会社は都心のオフィスビルやホテル、病院などに専用の乗り場を数多く持っていることも売上が挙がりやすい理由の1つです。運転しながら乗客を見つけるよりも専用乗り場で待っていた方が効率がよいことは言うまでもありません。特に都内のホテルは空港までの利用者が多く長距離の可能性が高いのもメリットです。

大手にもデメリットはある

稼ぎやすさという点では中小のタクシー会社は勝てませんが、大手にもデメリットと考えられることが無いわけではありません。大手は管理体制がそれだけ厳しいということです。中小に比べるとノルマがきっちり設定されているケースが多いですし、売上高が多くても歩合率は中小タクシー会社より低い傾向にあります。

大手タクシー会社は福利厚生や様々な設備が整っている分、管理費がかかるためそのような体制になるのはある意味当然のこととも言えます。大手と比較すれば中小タクシー会社の方が自由度は高いかもしれませんが、ブランド力もなく固定客も付いていないので稼ぎという点ではかなり厳しくなると予想されます。

【ワンポイントアドバイス】

大手と中小どちらも一長一短ありますので、自分が何を重視するかによってタクシー会社選びも変わってきます。迷って決められない場合は1人で判断するのではなく、コンサルタントのいる求人情報の会社に相談するのがよいでしょう。

 

 
ページの先頭へ