稼げるタクシー求人の探し方ガイド

現役タクシー運転手がオススメする求人サイト&テクニック集

タクシー運転手の年収

タクシー運転手になると、いくら稼げるのか。平均年収や月の給料を紹介します。

東京都内のタクシー運転手の年収は平均400万円

厚生労働省の調査によると、タクシー運転手の収入は全国平均で月額24万円ほど。年収になおすと約300万円ほどだそうです。

一般企業の平均年収が約400万円と言われていますから、稼げないのでは?と思いますが、高齢ドライバーの中には年金をもらいながら働いている人もいるので、そのような方を除けばもう少し高くなると思います。また、東京都内に限れば平均年収は約400万円、大手タクシー会社に限ってみると約450万円ほどというデータもあります。

タクシー業界は歩合制の給与体系を採用している会社がほとんど。それゆえに、個人差が大きいのも特徴です。年収700~800万円も稼いでいる運転手がいる一方、基本給プラスアルファの250万円程度しか稼がない運転手がいるのも事実です。

タクシー未経験でも平均年収を上回るには?

未経験でも頑張れば、稼げるタクシー運転手になれます。とはいえ、がむしゃらに働くだけでは難しいもの。稼げるドライバーになるためのポイントをいくつか紹介します。以下はあくまで一例であり、必ずしも稼げるとは限りませんので、あくまでも参考程度に考えてください。

ポイント1 隔勤で働く

タクシー運転手の勤務体系は、大きく3つに分かれます。日勤、夜勤、そして隔勤です。この3つのうちいちばん稼げるのは夜勤で、東京だと年収800万円を稼ぐ運転手もいるほどです。ただし、体への負担は相当なもので長続きする人は少ないのが実情。

その次に稼げる隔勤。トップクラスのドライバーであれば、年収600万円ほどは稼げると言われています。隔勤とは、タクシー会社に決められた時間内(20~21時間ほど)で働く勤務体系のこと。長時間働くスタイルではありますが、月の半分はお休みというのが特徴です。

月に11~13日程度しか勤務日がないため、体が慣れてしまえば働きやすく、多くのドライバーがこの形態で働いています。

ポイント2 常に情報を収集する

街中を走りながら乗客を探す「流し」を中心とするタクシー会社の場合、「どこに行けば良い乗客に出会えるか」を知っていることが売上に直結します。いわば、マーケティングです。

例えば、多くの人が集まるイベントや公演会場の近くで客待ちする、夜間で長距離利用することが多い企業や官庁街に行く、ホテルのチェックアウト時間を狙う……などなど。これらを知っていれば、比較的高額の支払いをしてくれる乗客と出会えるチャンスが多くなり、収入も高くなる可能性があります。

ポイント3 深夜は「戻り」のことを考える

長距離利用の乗客に出会えれば稼げる…と安易に考えて、定められた営業エリアへ戻ることを考えないと、効率が落ちてしまいます。

例えば終電後の客待ちで、郊外の住宅街へ向かうとしましょう。目的地で乗客を降ろした後に、乗客と出会える可能性は非常に低く、非効率な営業方法となります。そのため、終電後は敢えて客待ちしないドライバーもいるのです。

この他にも稼げるドライバーになるためのポイントはたくさんあります。営業エリアによってもポイントは違いますから、タクシー会社に入ったら自分なりの稼げるノウハウを見つけてください。それが、平均以上の年収を稼ぐ近道と言えます。

 
ページの先頭へ