稼げるタクシー求人の探し方ガイド

現役タクシー運転手がオススメする求人サイト&テクニック集

効率的な乗客の乗せ方

ここでは効率よく乗客を獲得するタクシードライバーの行動の特徴について解説しています。

デキるタクシードライバーの行動と考え方

限られた時間内で同じ勤務体系で仕事をしても月に50万円以上の稼ぎがある運転手もいれば、20万程度しかもらっていないドライバーもいます。その差がどこから生まれるかというと、デキるタクシードライバーは効率良い稼ぎ方を知っているからです。そこで高収入を得ているドライバーの特徴を、いくつかまとめてみます。

どこにいても乗客を拾える

タクシーは基本的にはどこで乗客を乗せてもよいのですが、売上があまり思わしくない人はいつも同じ場所で乗せようとするケースが多いのです。

乗客を見つけて目的地で降ろすのがタクシーの基本ですが、稼げないドライバーはそのまま何も考えずに元の場所に戻ってしまいます。戻って次の客を乗せるまでは当然ながら売上はありません。一方で稼げるドライバーは乗客を降ろした後に、そこから一番近くの客がいそうな場所に移動します。そして客を拾って目的地で降ろしたらまた同じ行動を繰り返します。

回転率のいい場所で待つ

駅のロータリーやホテルの前で停車しながら客待ちをすることを「付け待ち」と言いますが、乗客に動きがなくこの時間が長くなると当然売り上げにはつながりません。大きなターミナル駅では多くの人の利用が見込めますが、同じように客待ちしているタクシーも多いので時間帯によっては回転率が悪くなることもあります。

効率よく付け待ちをするにはある程度経験が必要になります。道を把握できるようになったらいろいろな場所で付け待ちをして、どこで付け待ちすればすぐに乗客を拾えるか頭に入れておくことです。

研究熱心で情報収集能力が高い

稼ぐドライバーは売上を上げるためにどうすべきかを常に研究しています。そのための情報収集能力は非常に高いと言ってよいでしょう。例えば長距離客を狙おうと考えます。短距離を繰り返すより効率がよいからです。デキるドライバーは終電後の乗客を拾うために深夜残業が多い会社の情報を知っています。

また大きなイベントがどこであって何時に終了するかも調べています。さらにイベントの中でも若者向けではなくタクシー利用率の高い年齢層高めのイベントを狙うのです。こうした日々の努力が売上アップにつながるのです。

【ワンポイントアドバイス】

デキるタクシードライバーになるためには、やはり観察と研究を繰り返して実行することです。最初は先輩ドライバーを見習うのもよいですが、他の人と同じ行動をしてもそれ以上にはなれません。もしタクシー業界に詳しいコンサルタント的な人と相談できるなら話を聞いてみるのもよいでしょう。

 
ページの先頭へ