稼げるタクシー求人の探し方ガイド

現役タクシー運転手がオススメする求人サイト&テクニック集

効率的な乗客の乗せ方

高収入のタクシー運転手になるには効率のよい稼ぎ方を知っていることが重要です。その理由や、具体的な方法についていくつか紹介します。

デキるタクシー運転手の稼ぎ方

タクシー会社の給与体系は歩合制のところが多いため、より多くの人に利用してもらった運転手が稼げるシステム。月に50万円以上の稼ぎがある運転手もいれば、20万程度しかもらっていない運転手もいます。

この差はいったいどこから生まれるのでしょうか?その答えは、デキるタクシー運転手は「売上をアップするための稼ぎ方を知っている」からです。ここで、高収入を得ている運転手の特徴を、いくつかまとめてみます。

どこに行っても乗客を拾える

タクシー運転手の中には、ターミナル駅のロータリーのような人の多い場所で乗客を待っている人がいます。そういった人がどのようにお客さんを乗せているのか、簡単に説明します。

客待ちをしている場所で乗客を見つけて、その人の目的地で降ろします。乗客を降ろした後の行動が稼げる運転手とそうでない運転手の分かれ道。「稼げない」と嘆いている運転手のパターンは、何も考えずに元いた場所に戻るのです。戻る途中で乗客を拾うルートは使わず、自分が得意なエリアだけで仕事をしようとするので、効率が悪くなるのです。

一方、稼げる運転手はどうするのかと言うと、乗客を降ろした地点から近いターミナル駅などに向かいます。そこでまた乗客を乗せて次の場所へと移動し、これを繰り返していくことで、非常に効率的に乗客を乗せることができるのです。

さらにこのようなドライバーはどこに行ってもすぐに乗客を見つけられるノウハウを持っているので、高収入を実現させられるのです。

回転率のいい場所で待つ

駅のロータリーやホテルの前で待っているタクシーを見かけたことはありませんか。あれは「付け待ち」といって、停車しながら客待ちをすることを言います。この「付け待ち」の時間が長いと当然売り上げにはつながりません。できるだけ短くするには、回転率のいい付け待ちポイントを知っていることが重要。

大きなターミナル駅では人が多い一方、同じように客待ちしているタクシーも多いので、逆に回転率が悪くなる時間帯もあります。いつ、どこで付け待ちすればすぐに乗客を拾えるか、それを知っている人がデキる運転手なのです。

乗客を拾える場所と時間を知っている

他のドライバーに知られていないポイントを知るためには、経験と記憶力が必要です。稼ぎ方を知っている運転手は、「ここに行けば乗客を拾える」という場所を多く知っています。しかも、そこはターミナルのように人が多いわけでもないニッチな場所や道沿いです。

場所だけでなく乗客を拾えた曜日・時間帯なども記憶しておくことが大切。他にも天気やイベント情報なども併せて覚えておくことで、より稼ぎやすくなるというものです。

 
ページの先頭へ