稼げるタクシー求人の探し方ガイド

現役タクシー運転手がオススメする求人サイト&テクニック集

【東京23区】月収50万稼ぐ方法【タクシー運転手】

未経験の方でも稼げるタクシー運転手になるために、これだけは押さえておきたいというポイントをまとめて紹介します。

タクシー運転手の年収・都内の平均はいくら?

厚生労働省の調査によれば全労働者の平均年収677万円に対し東京都タクシー乗務員の平均年収は443万円でした。これだけ見ると、タクシーは稼げないと思うかもしれませんが、実はこの中には60歳を超えて、年金をもらいながら片手間でタクシー運転手を続けている人も含まれています。

また歩合制の給与体系なので平均は低くなっても年収700~800万円を稼いでいる運転手も大勢います。つまり頑張れば高収入になる可能性があるということです。実際に、私の周りは500〜600万くらいが多いですね。

タクシー運転手の給与計算方法や平均年収について詳しく見る>>

大手or中小?タクシー会社の選び方

タクシー会社には大手と中小がありますが両者を稼ぎやすさという点で比較すると圧倒的に大手が有利です。

その理由は大手にはブランド力があるので利用側に安心感があること。すでに固定客がいて共通のタクシーチケットが使える、専用乗り場が設けられているなど利便性が高いことがあります。中小に比べると管理が厳しい面もありますが稼げる土壌がある点は大きいでしょう。

タクシー会社の選び方について詳しく見る>>

効率的な乗客の乗せ方

タクシードライバーは稼げる人とそうでない人の差があります。その差が生まれる理由はデキる運転手は効率良い稼ぎ方を知っているからです。

どこにいても乗客を拾える、回転率のいい場所で待つ、研究熱心で情報収集能力が高いというのが稼げる運転手の共通の特徴です。高収入を得るためには自分で考え、行動に移さなければ結果が出ないということです。

タクシー運転手なら知っておくべき、効率的な乗客の乗せ方を詳しく見る>>

客単価の上げ方

タクシーの売上は客数×単価で構成されるので売上アップのためには客単価を上げることも必要になります。

客単価は自分ではコントロールできないはずですが、高収入ドライバーは単価を上げるテクニックをを持っています。具体的には「時間帯」と「場所」なのですがデキる人は客層の変化を敏感にキャッチしているのです。

タクシーの売り上げを左右する!客単価の上げ方を詳しく見る>>

ここで紹介した稼ぐドライバーになるためのコツは同僚からは実はなかなか教えてもらえないですし、会社が研修で教えるものでもありません。実践して学んで行くことと、私は入社する前にタクシー業界への転職を世話していただいた会社に教わりましたが、悩んでいる人はそうしたコンサル的なことも行っている会社に相談するのもよいではないでしょうか。

 

 
ページの先頭へ