稼げるタクシー求人の探し方ガイド

現役タクシー運転手がオススメする求人サイト&テクニック集

1日の仕事の流れ

タクシードライバーの仕事内容について、勤務体系や1日の流れを紹介します。

タクシードライバーの勤務体系について

ご存知の通り、一般的なタクシー会社は24時間365日営業しているため、ドライバーは交代制で乗務しています。多くの会社が採用しているドライバーの働き方は次の通りです。

昼勤(日勤)

朝から夕方までの勤務形態です。朝起きて出勤し、夜には帰宅という規則正しい生活ができます。多くの方が動いている時間帯なので、利用客は比較的見つけやすい傾向にありますが、反面、近距離の移動が多く、「質より量」の稼ぎ方になることが多いようです。

夜勤

読んで字の如く、夕方から翌朝まで運転する勤務形態です。日勤での乗務よりも利用客は少なくなりますが、割増料金や長距離移動が多くなるので、利用単価は高め。とにかく稼ぎたい方や、夜型の生活に慣れている方には向いていますが、稼げる時間帯だけ働くスタイルなので、デビュー直後のドライバーでは、担当できない会社が多いです。

隔勤

最長21時間と決められた時間内で働き、その翌日は休みとなる勤務形態で、ほとんどのタクシードライバーがこの形態で乗務しています。体が慣れるまでは眠気と戦いつつ、体調管理にも気を配る必要があります。仕事をした翌日は必ず休みになるので、出勤日が月に11~13日程度しかないのが特徴です。

ドライバーの仕事~1日の流れ

それでは、ある会社の隔勤を例にとって、タクシードライバーの仕事内容、1日の流れを説明します。

6:00 出勤

出社したらまずはアルコール検査。ここでアルコールが検地されると勤務できません。無事に検査をクリアしたら今日1日乗務する車両の点検をします。

エンジンオイルやバッテリー液、タイヤの空気圧など、1日の乗務を安全に行うためにドライバーが自らチェックします。

6:30 点呼

同じタイミングで乗務するメンバーが集まり、営業所内で点呼します。挨拶やその日の注意事項、各種報告などが主な内容です。

6:45 出庫

点呼・朝礼が終わったらいよいよ営業開始。まずは朝の通勤客を拾うため、駅や都心に向かうことが多いです。

12:00頃 昼食・休憩

利用客が途切れやすいタイミングでランチ休憩を取ります。休憩の取り方はドライバーの自由ですが、どこかで必ず休憩時間は設けなければいけません。

また、休憩時間に資格の勉強をしたり、これまでの乗務を分析するなど、時間を上手に使うことでデキるドライバーに近付けます。

13:00 再び勤務

人の流れやその日行われている演劇やショー、コンサートなどのイベント情報を基に、利用客が多そうな場所を狙って車を走らせます。

19:00 夕食・休憩

2回目の食事休憩。この休憩が明けるとタクシードライバーの稼ぎ時。しっかり休憩して「本番」に備えます。

20:00 再び勤務

ここからは移動の連続です。繁華街に繰り出していたサラリーマンやそこで働く人などが、引っ切り無しに利用します。

翌日2:30 帰庫・洗車

終電に乗り遅れた人や夜間に急な外出が必要な方を、目的地まで無事に送り終えたらこの日の乗務は終了。営業所に戻って、翌日乗務するドライバーのために、1日を共にした車両をきれいに洗車します。

翌日3:00 納金・退社

1日の売上金を会社に納め、日報を提出したら退勤です。丸1日空けた朝まではお休みになります。


これが典型的なタクシードライバーの1日ですが、会社によっては出社時間や勤務形態が異なります。

これを月に11~13回繰り返した売上が、最終的な月収につながるのです。

 
ページの先頭へ