ドライバーズワーク マイナビ ノルワークス
面接までサポート

求人数98
から選ぶ▼

転職最大手

求人数26件
から選ぶ▼

シニア向け豊富

求人数16件
から選ぶ▼

どんな人が向いてるか

ここではどのような人がタクシー運転手に向いているのか、向いていないのかを解説しています。簡単にまとめると、以下のような感じ…だと個人的には思っています。タクシー運転手に限らず、他の職でも言えるようなことばかりなのですが…。

  • タクシー運転手に向く人・向かない人がいて適性がないと判断されると働けない
  • 向いている人は観察力と向上心がありコミュニケーション好きで自己管理ができる人
  • 向いていない人は接客が苦手で、自分で考えて行動するより指示された方が楽だと思う人、腰に持病がある人

タクシー運転手に必要とされるものを集約すると、一番重要となるのは自己管理能力でしょう。仕事としてやっていけるのか真剣に向き合って考えないと続きません。

タクシー運転手そのものへの向き不向きもありますが、実は、タクシー会社の相性もあります。このサイトでは、(色んな会社の友人に聞き込みをして)各社の特徴を解説するとともに、おすすめの転職サイトも紹介しておりますので、ご覧になって見てください。

タクシー運転手のやりがいとは?

タクシー運転手のやりがいや、良いところはどこにあるのでしょうか。簡単にまとめてみました。

1、お客さんに直接感謝をされる

様々な接客業の中で、直接感謝の言葉を聞くことが出来るサービス業でもあります。 急いでいるお客さんを、時間内に運ぶことで感謝されます。降車時に感謝の言葉を聞けると気分が良いものですよね。

2、接客を極める場所

接客業の中でも、タクシーは1対1の接客を常にこなしていきます。様々な接客業をこなしてきた人でさえ、初めのうちは難しいと感じるはず。しかし、自分流の接客を見つけてしまえば、お客さんを多くのせることができます。また、毎日接客内容が異なって来るので、変化を求めたい人にはオススメです

3、40才からでも1からスタート出来る仕事

タクシー業界は、他の仕事に比べて年齢に関係なく仕事がスタート出来ます。 他の仕事の場合、40才でその業界へ転職をしようと考えていても、知識がなければ、 雇ってもらうことが難しいでしょう。しかし、タクシー業界の場合は必要な資格さえ揃っていれば、受け入れてもらえます。年齢を気にせず業界に入れる仕事という点では、メリットがあると言えるでしょう。

4、頑張った分だけ、給料に還元される

タクシー会社の多くが、成果報酬を採用しています。つまり、お客さんをたくさん乗せれば乗せるほど自分の給料に還元されるのです。仕事で頑張った分が給料として帰ってくるのは、とても嬉しいことですよね。ドライバーの能力にもよりますが、最も稼いでいるドライバーは、月100万以上を超えるとのこと。一流ドライバーを目指して仕事を一生懸命すれば、このような結果がついてくるかもしれませんね。

性格に合わせて選んでくれるような会社も!東京のタクシー求人サイトおすすめ3選はこちら>>

ここからは、タクシー運転手に向いている人・向いていない人を詳しく解説していきます。

タクシー運転手に向いている人とは

どれほどタクシー運転手になりたくても適正がないと判断されてしまうと入社できません。ここではどんな人が採用されやすいのかを説明します。

その1 記憶力がよい

タクシー運転手には覚えなければいけないことがいくつもあります。営業エリアやその近辺の道路はもちろん、病院や駅、空港、公園などの地理的なことの他に、利用客が多くいるスポットや道路状況が変わるタイミング、自分なりに稼げるルートなど、これらを覚えられる記憶力は必須と言えるでしょう。これらは、道に関する記憶力ですが、これだけには留まりません。応用することでより仕事に活用することができます。どのお客さんを乗せたのかという情報も大切です。同じお客さんを乗せることもあれば、どの駅でどんな人が乗っているのかを分析することが出来ます。また、時間帯や稼げた場所など細かい情報を記憶しておくことで、ドライバーとしての感が磨かれていきます。記憶力が良い人は、ドライバーにとって必要な能力と言えるでしょう。

その2 観察力がある

稼げるドライバーに共通しているものがあります。それが、観察力です。一流のドライバーになると、小さな変化を見過ごしません。例えば、歩道を歩いている歩行者。空車時に、歩行者の動きを確認しながら、いつでもタクシーに乗車させる準備をしています。もちろんこれは、特定の交差点や、場所でも発揮しています。このような観察力がある人は、タクシー業界では飛躍的に成長することが出来るでしょう。特に都心部では街や人の流れのちょっとした変化に気付くことも大切なポイントです。今日は賑わっている、あるいは人通りが少ないといった変化を捉えることが、売上にもつながってきます。また、新しく建った建物など街の変化や、天気の移り変わりなども観察するといいでしょう。

その3 コミュニケーションが好き

タクシーの運転手は運転と接客業を合わせた職業。乗ってくれた利用客が話好きな場合、その話に付き合うことも仕事のひとつ。その際の対応が良ければ、次の機会にまた利用してくれるかもしれませんし、固定客になる可能性もあります。実際、先輩ドライバーの中にはこうして売上を伸ばしている人もいるのです。また、コミュニケーションが好きでもお客さんがそれを求めていないことがあります。その反対で、不安な気持ちを和らげるためにあえて積極的にコミュニケーションをはかることが必要なケースもあります。この微妙な変化を感じながらお客さんとのやりとりが出来る人は、ドライバーとしても良い成績をおさめています。

その4 実直で向上心がある

頑張った分だけ収入が増えるタクシー運転手。真面目にコツコツ働く人には向いている職業でしょう。事故や違反はないに越したことはありませんから、ルールを守れるまじめなタイプは歓迎されます。

また、向上心がある人ほど収入を増やしていける業界なので、「より稼ぐにはどうしたら良いか」など、何事も追求するタイプは成功しやすいと言えます。

その5 自己管理に長けている

基本的に仕事中は1人なので、高い自己管理能力が必要です。休憩時間の取り方や1日のスケジュール管理はもちろん、健康管理も重要です。

仮に乗客を乗せているときに体調を崩してしまったら、自分の売上が無くなるだけでなく、この先、そのタクシー会社を利用してくれる可能性がある人を逃してしまうことにもつながります。

また、時にはストレスがたまる日もあるでしょうから、ストレス発散方法なども工夫する必要があります。タクシー業界では、仕事をする上で他の仕事以上に厳しく要求されるものがあります。それは、法令遵守です。タクシー業界では、一般のドライバー以上に道路交通法に則った運転を行い、違反をしないように心がけています。この当たり前のルールをしっかり守れる人がドライバーに向いていると言えるのです。もちろん、道路交通法以外にも会社が設けた様々なルールを守らなければなりません。ルールがたくさん多い分、このようなルールをしっかり守れる人は、タクシードライバーに向いていると言えるでしょう。

その6 車の運転が好き

実はこれが一番大事かも。車の運転が嫌いでタクシー運転手を目指す人はいないと思いますが、長時間運転をしても大丈夫な体力と精神力がないと続きません。

趣味のドライブで休暇を楽しむための運転と、乗客がいて仕事で車を運転するのでは全く状況が異なりますので、相当の心構えは必要になります。

その7 好奇心が人一倍ある

タクシードライバーは、業務中様々なことを試すことで仕事の質を高めています。例えば、普段行かないような場所で、お客さんを捕まえてみよう。渋谷から東京駅を最短で行くルートは?時間帯によって、使い分けている抜け道など様々です。これらに共通することは、新しい知識を得るという好奇心です。この好奇心がなければ、仕事がルーティーンになってしまいます。ベテランドライバーは、様々な方法を試し自分流の接客を身につけています。まさに、好奇心旺盛な人たちであると言えるでしょう。

タクシー運転手に向かない人とは

ではタクシーの運転手に向いていない人とは、どんなタイプの人なのでしょうか。

その1 成果に関わらず固定給が欲しい人

タクシー運転手は歩合給が基本です。しっかり働いて成果を出せばそれだけ給料がアップして高収入を得ることができますが、成果が上がらなければ稼ぐことはできません。毎月決まった額の給料が欲しいなら考え直したほうがよいでしょう。

その2 接客するのが苦手な人

ドライバーなので車の運転がメインにはなりますが、接客もタクシー業務の大切な部分です。お客さんとコミュニケーションを取るのが苦痛になるような性格の人は仕事自体が辛くなってしまうので向いていません。

その3 腰痛気味の人

これは本当に現実的な問題です…。基本的に長時間座って運転を続ける仕事になるので正常な人もしっかり休みをとるなどして管理しないと腰を痛める可能性があります。もともと腰痛気味な人は辛いだけですし、腰に持病がある人は勤務するのは難しいかもしれません。

その4 上司の指示がないと動けない人

タクシー運転手は基本的には個人で行動するものです。どうしたら効率よくお客様を乗せることができるのか、どんな時間帯や場所に人が集まるのか自分で考えて行動しなければなりません。上からの指示に従うのが好きな人は向きません。

また、機転をきかせた行動ができない人もあまりおすすめ出来ません。タクシーは、常に状況が流動的に変化していきます。そのため、状況によっては、自分で機転の利いた行動をしなければいけない時があるのです。指示がないと動けない人は、このような行動でさえも難しいので、柔軟性も必要であると覚えておきましょう。

その5 運転さえすれば良いという考えの人

タクシーは、運転が付いて回る仕事ですが、中には運転さえしていれば大丈夫と誤解をして業界に入って来る人もいるようです。しかし、このような考え方で入った人は気づいたら辞めてしまうことが多いようです。その原因は、運転さえしていればという誤った認識です。運転さえすれば〜という考え方はタクシー業界では大きく間違っている認識なので、今のうちにこのような認識がある方は改めるようにしておきましょう。

その6 体調をよく壊す人

タクシーの仕事は、他の仕事に比べて無理ができない仕事です。なぜなら、人の命を預かって仕事をするからです。そのため、ちょっとした体調不良が一大事を招いてしまうという危険もあります。ですから、体調をよく壊してしまいがちの人はあまりおすすめできません。必要以上に激務なので、体力がない人には向いていない仕事と言えるでしょう。

タクシー求人会社3選
タクシー求人会社3選

コンテンツ一覧

タクシーの現役運転手が厳選!求人情報紹介サイト集
  1. ドライバーズワーク
  2. マイナビ
  3. ノルワークス

一覧を見る

大手タクシー会社求人情報・評判まとめ
  1. 大和自動車交通
  2. 日本交通
  3. 帝都自動車交通

一覧を見る

【東京都エリア別】タクシーでの稼ぎ方・働き方
  1. 都心3区
    【中央区・港区・千代田区】
  2. 23区都心部
    【新宿区・文京区・渋谷区】
  3. 23区東部
    【台東区・墨田区など】
  4. 23区南部
    【世田谷区・目黒区・品川区・大田区】
  5. 23区西部
    【中野区・杉並区・練馬区】
  6. 23区北部
    【北区・板橋区・豊島区】
  7. 武蔵野市・三鷹市
  8. 八王子市
  9. その他東京都市町村
    【立川市・町田市など】
【出稼ぎ】地方から東京で運転手になるには【単身赴任】
【東京23区】月収50万稼ぐ方法【タクシー運転手】
  1. タクシー運転手の年収
  2. 大手or中小?タクシー会社の選び方
  3. 効率的な乗客の乗せ方
  4. 客単価の上げ方
未経験者がタクシー運転手になるには
  1. どんな資格が必要か
  2. どんな人が向いてるか
  3. 良いタクシー会社の探し方
  4. タクシードライバーになるまで
  5. 1日の仕事の流れ
  6. タクシー初心者が稼ぐための3つのポイント
  7. タクシードライバーはブラックってホント?
【現状は?今後は?】もっと知りたい!タクシー業界
  1. タクシー業界よくあるトラブル集
  2. 【2017年1月】初乗り料金改定後…どうなった?【損or得】
  3. 2020年、東京オリンピックでタクシー業界に変化が!
  4. タクシーアプリは運転手にとってメリットなのかデメリットなのか
タクシードライバーと他ドライバー職のメリット比較
  1. 運転代行
  2. トラック
  3. バス

PAGE TOP