ドライバーズワーク マイナビ ノルワークス
面接までサポート

求人数98
から選ぶ▼

転職最大手

求人数26件
から選ぶ▼

シニア向け豊富

求人数16件
から選ぶ▼

タクシードライバーはブラックってホント?

タクシードライバーと聞くと、皆さんはどのようなイメージを持っていますか?

人によっては、「働き方がブラックだ。」と思う人もいれば、「絶対にしたくない仕事」と思っている人もいるかもしれません。本当にこのようなタクシードライバーに対する考えは正しいのでしょうか。

ここではタクシー運転手の仕事がブラックと言われる理由とその実態について解説しています。簡単にまとめると、以下のようなことが原因なのかなあと思います。

  • 長時間労働や低賃金というイメージは独特の勤務体系、給与体系に起因する
  • 乗客とのトラブルなどネガティブ部分

これらの要因が、タクシーをブラックと言っているのではないでしょうか。

確かに、テレビや新聞を見ていると、これらの1つに関するニュースや映像を目にすることがありますが、実際にブラックではないと言えます。何故、実際に働いている私がそう感じているかということについて、現役のわたしからすると、「結構ホワイトなのになあ…」という感じです。その理由について、ここから詳しく解説していきます。

どうしてタクシー運転手はブラックと言われるのか

では、どうして、タクシードライバーがブラック企業や、働きたくない仕事だと言われてしまうのでしょうか。その点について考えていきましょう。まず、ブラック企業についてです。

ブラック企業とは長時間労働なのに残業代もまともに出さずに社員を酷使する、どれだけ働いても稼げないような会社、人を酷使して会社の利益を優先させるといった会社のことを指します。

ではタクシー会社は本当にブラック企業なのかというと、そのほとんどは勝手な想像から来る誤解から生まれたものであることがわかります。なぜかというと、タクシー会社は、ブラック企業では経営が困難と言われているからです。ブラック企業の体質で経営すれば、タクシー業界では成り立たないのです。その理由を詳しくみていきましょう。

ブラック企業では経営が無理な理由

1.会社側がメンタルチェックを行う。

タクシードライバーは、常にメンタルチェックを行った上で業務を行います。この業務に虚偽の報告があると、会社側も営業を止められてしまいます。そのため、ブラック企業で働いている人によく見られる「疲れている状態」「気力がない」状態での勤務は不可能なのです。万が一このようなドライバーがいれば、会社側がすぐ仕事をやらせないのが現状です。

2.ドライバーが死亡事故を多発すれば、会社は営業停止に

これまで、大型バスの死亡事故で、会社自体の営業停止の措置をニュースで目にした人もいるのではないでしょうか。タクシーも同じで、あまりにも死亡事故が多発しているような会社は営業停止をさせられます。また、近年では労働環境に関する規定も、国から厳しいルールを提示させられている状態なので、ブラック企業にありがちな無理な働き方をさせるのが難しくなっています。

これらの点を見ていると、ブラック企業にありがちな状態は難しいと言えます。つまり社員を酷使させる環境がタクシー業界では出来ないのです。

ここからは、一般人が誤解を抱きがちなタクシー業界への先入観について詳しく取り上げながら、正しい情報で補足説明していきましょう。

長時間労働の真相

この長時間労働というのが一番誤解を生みやすい理由になっています。タクシーの勤務体系は隔日勤務と言って1日仕事をしたら翌日は休みなのが一般的です。

隔日勤務は、確かに拘束時間もそれだけ長くなりますが、その分休憩時間も多く取らなければなりません。そのため、時間は長いので疲労度が多くなるということではなく、しっかり休憩が取れるので疲れというものに関しては心配しなくて大丈夫なのが現状です。

したがって勤務日に働いている時間は確かに長時間になりますが毎日続くものではないのです。1ヶ月の半分程度は休みということになりますからむしろ自由な時間が多い仕事と言えます。

また、隔日勤務がタクシードライバーのベーシックな勤務体制ですが、ここ最近では日勤で働いている人もいます。これは、大手になれば勤務体制が多様化するので、隔日勤務が難しい人は、別の働き方も検討しておきましょう。

低賃金・儲からないというのは嘘!?

タクシーの平均年収は400万円程度ですから数値にして一般的な仕事と比較するとあまり高収入を期待できないように感じるかもしれません。

しかしそれはタクシーの給与が歩合制であることが抜けています。タクシーの給与形態は、固定給+歩合制です。成果主義なので稼ぐ人は700~800万円稼ぐ人もいますし、他の企業と異なり年齢がある程度高齢でも採用してもらえるケースがあるので、第二の人生としてタクシードライバーをやる人もいます。年金生活者で一定額以上の給料を必要としていない高齢者ドライバーも含んだ平均額なのです。もちろん成果があげられない人は必然的に給与が少なくなってしまいます。初心者ドライバーのうちは、あまり稼ぐ事ができないかもしれませんが、それでも努力次第で、平均月35~45万円稼ぐ事ができます。向上心があるかないかで期待できる給与が異なってくるので、その点は他の企業と同じく人次第と思われます。

ノルマが厳しいが、達成出来ないわけではない。

タクシー業界では足切りと言いますがノルマを設定している会社は確かにありますし、ノルマが無い会社もあります。

ではノルマは達成できないほど厳しいかと言うと、真面目に仕事をしていればクリアするのは難しくありません。真面目にというのは流し営業で走り回らなくてもタクシー乗り場での付け待ちをきちんと行うという程度です。

また仮にノルマが達成できなかったとしても基本給と各種手当は支給されるので給料がゼロになるという心配はありません。

また、ここ最近は、ノルマを支援させるためにドライバーへのサポート体制が充実し働きやすい環境が整えられています。新人ドライバーでもノルマをクリアするのは難しくないので、心配する必要はありません。

タクシー運転手にまつわるリスク

タクシー運転手はリスクが多いというネガティブな話を聞くことがありますがこれは実際にどうなのでしょうか。確かに、実際にリスクはつきものですが、具体的にはどのようなものがあるのか1つずつ事例をもとにみていきましょう。

乗客とのトラブル

タクシー運転手が抱えるトラブルでよくあげられる問題が、乗客とのトラブルです。タクシーの仕事を長くしていると乗客とのトラブルに遭遇することはありますが、毎日起きるものではありません。大切なのはトラブル発生時にきちんと対応してくれる会社に務めること、冷静な対応です。万が一、トラブルに巻き込まれた場合でも、会社ごとに対策が練られています。細かいトラブルに関する事例は、このサイト上でよくあるトラブルとして紹介しているので、参考にしてください。

>>タクシー業界よくあるトラブル集

腰を痛める

長時間の座り仕事になるので腰の持病を持っている人は避けたほうがよいかもしれませんが、タクシー運転手が全員腰を痛めるわけではありません。タクシーは個人で行動するのが基本なので健康管理も含め自己管理ができるかどうかが重要です。

以上のようにタクシーの仕事は自分自身の管理をしっかり行うことが重要ですが、まともなタクシー会社であれば何か問題が発生した場合のサポート体制が整っています。

変化するタクシードライバー労働環境

ここ数年、タクシードライバーの労働環境が変化しています。どのように変化しているかというと、働きやすい環境が整ってきているということです。今まで以上に働きやすい環境が整備されつつあるタクシー業界。どんな変化が起きているのでしょうか。

1.タクシードライバー層の変化

ここ数年で、女性ドライバーや大卒の新人ドライバーが増えています。今まではタクシードライバーといえば、おじさんの仕事。というイメージでしたが、それを覆す動きが生まれています。女性が活躍できる労働環境は、整備されていないと女性の労働者は増えていきません。そのように考えると、ブラックのイメージは払拭されてくるのではないでしょうか。

2.ハイテク技術を駆使しドライバーをサポート

タクシーアプリや、ビッグデータを活用したサービスを活用して、新人ドライバーがベテランドライバー以上の活躍をする仕掛けを会社側が試みています。このハイテク技術を駆使した結果、新人ドライバーでも予想以上の成果をあげている場合もあります。

3.多様化するタクシーサービス

タクシーサービスが多様化しています。例えば、子供の送り迎えを対象にしたキッズタクシーがその代表的なサービス例です。このようにサービスが多様化すれば、それに特化した働き方を求められるドライバーも必要とされるので、さらなる雇用も期待できます。

このように、タクシードライバーにまつわる労働環境も変化しているため、会社側が求めるタクシードライバーへも変化しています。そのため、ブラック企業体質での仕事が出来なくなっていると言えるでしょう。

しかし、残念ながらこのようなドライバーのことを考えないタクシー会社もあります。中にはすべて運転手任せで必要経費も出さずに、違反罰金などを運転手に払わせる会社もあるようです。

そういった会社に当たらないようにするためにはタクシー求人サイトなど、タクシー会社の情報を持っているところに助けてもらうことです。

まとめ

タクシードライバーは、どうしてもブラックな働き方と思われがちな仕事です。しかし、実際働いてみると、ブラックな働き方でないと言えます。

また、ここ数年新しい層のドライバーが増え続けています。これは、タクシードライバーが働きやすい環境が整ってきたから生じてきた現象ではないでしょうか。昔よりもタクシードライバーが働きやすい環境が整備されています。

是非ドライバーになりたい人は、ネガティブな情報を一旦忘れて求人情報を見てください。それでも不安な時は、実際に経験のある人に話しを聞くのも良いでしょう。働きやすい仕事ときっと理解できるはずです。

タクシー求人会社3選
タクシー求人会社3選

コンテンツ一覧

タクシーの現役運転手が厳選!求人情報紹介サイト集
  1. ドライバーズワーク
  2. マイナビ
  3. ノルワークス

一覧を見る

大手タクシー会社求人情報・評判まとめ
  1. 大和自動車交通
  2. 日本交通
  3. 帝都自動車交通

一覧を見る

【東京都エリア別】タクシーでの稼ぎ方・働き方
  1. 都心3区
    【中央区・港区・千代田区】
  2. 23区都心部
    【新宿区・文京区・渋谷区】
  3. 23区東部
    【台東区・墨田区など】
  4. 23区南部
    【世田谷区・目黒区・品川区・大田区】
  5. 23区西部
    【中野区・杉並区・練馬区】
  6. 23区北部
    【北区・板橋区・豊島区】
  7. 武蔵野市・三鷹市
  8. 八王子市
  9. その他東京都市町村
    【立川市・町田市など】
【出稼ぎ】地方から東京で運転手になるには【単身赴任】
【東京23区】月収50万稼ぐ方法【タクシー運転手】
  1. タクシー運転手の年収
  2. 大手or中小?タクシー会社の選び方
  3. 効率的な乗客の乗せ方
  4. 客単価の上げ方
未経験者がタクシー運転手になるには
  1. どんな資格が必要か
  2. どんな人が向いてるか
  3. 良いタクシー会社の探し方
  4. タクシードライバーになるまで
  5. 1日の仕事の流れ
  6. タクシー初心者が稼ぐための3つのポイント
  7. タクシードライバーはブラックってホント?
【現状は?今後は?】もっと知りたい!タクシー業界
  1. タクシー業界よくあるトラブル集
  2. 【2017年1月】初乗り料金改定後…どうなった?【損or得】
  3. 2020年、東京オリンピックでタクシー業界に変化が!
  4. タクシーアプリは運転手にとってメリットなのかデメリットなのか
タクシードライバーと他ドライバー職のメリット比較
  1. 運転代行
  2. トラック
  3. バス

PAGE TOP