どんな資格が必要か

ここではタクシー運転手になるために必要とされる資格や試験について解説しています。

タクシー運転手になるために必要な資格

  • 二種免許取得の受験資格は年齢が21歳以上で第一種免許を取得してから3年が経過していること
  • 一部地域ではタクシー会社で働くために「地理試験」に合格することが必要

タクシー運転手になるためには二種免許取得が必要条件になりますが、タクシー会社によっては研修制度がしっかりしていて二種免許取得まで日給が出るところもあります。

初心者でよくわからないという場合にはタクシー求人サイトなどで相談したり、最新情報を確認しておくとよいでしょう。地理試験へのフォローが手厚い会社なども教えてもらえますよ!

ここからは、必要な資格について詳しく説明して、タクシー資格で悩んでいる人におすすめのタクシー求人専門エージェントも紹介していきます。

タクシー運転手に必要な資格「二種免許」

タクシー運転手は乗客を安全に目的地まで送り届ける「旅客運送」を行うため、自動車普通免許はもちろん二種免許(第二種運転免許)を取得することが必要です。

タクシー会社の中には二種免許を所持していることを応募の条件にしているところもありますが、多くの場合二種免許を持っていなくても心配いりません。

二種免許を持っていない人でも就職できるように、タクシー会社の方で免許取得のための合宿制度を設けたり、取得費用の援助を行っているからです。

タクシー会社に応募する際は募集要項や求人票の必要条件欄を必ずチェックするようにしてください。

二種免許の試験について

受験資格

普通自動車や中型車、大型自動車など、各種自動車の第一種運転免許のいずれかを取得してから3年以上が経っていないと、そもそも二種免許の試験を受けられません。つまり、タクシードライバーになれる人はどんなに若くても21歳以上ということです。

試験内容

二種免許取得のための試験はそんなに難しいものではありません。標識や信号を見て把握できる視力があるかといった視力検査をはじめとする適正検査をパスしたら、後は普通免許を取得した時と同様に、学科と技能でそれぞれ試験を受けます。

学科試験は90%以上の正解が必要で、応用問題もありますが一種免許の基本的な運転知識を再確認する内容のものがほとんどなのでそれほど難しく考えることはありません。

実技試験では普通免許取得時には無かったV字路での運転検査がありますが、しっかりと講習を受けて「これでもか」というくらいの安全確認をすれば、余裕を持って合格できます。

今後変わる可能性のある受験資格

二種免許の受験資格は今後変わる可能性があります。というのも現在タクシー業界が第一種運転免許取得後2年で二種免許の受験資格が得られるように働きかけているからです。

内閣府の資料によれば二種免許の受験資格緩和について平成28年度に検討が開始され、遅くとも平成30年度までに結論を出すとしています。
参考資料:http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/publication/160519/item2-5.pdf

年齢要件も合わせて検討されるので今後は若者の受験者が増え、タクシー運転手の人材不足解消が期待されます。

一部地域で必要な「地理試験」

全国のタクシー運転手に必要な資格ではありませんが、一部のエリア内で営業するタクシー会社で働くためには、「地理試験」もクリアしなければなりません。

地理試験では営業エリア内にある道路や交差点の名称、駅や有名な建物の所在地などの知識が問われます。それだけでなく、例えばある目的地まで向かう際の最短ルートや、そのルートの走行距離や運賃、所要時間なども正解しなければなりません。40問中32問正解すれば合格となり、エリア内でドライバーを続けている限りは有効です。

この試験、実は合格率が40%~50%と低く、平均受験回数は5~6回と二種免許の取得よりも難関。タクシー会社によっては、オリジナルの研修を行うなど試験対策を行っているところもあるようです。

実は、タクシー会社の中には、○回試験に落ちたらもう採用はしませんという所もあります…。それで地理試験がない八王子に行った友人もいます。

対象エリア

東京エリア…23区と三鷹市・武蔵野市
大阪エリア…大阪市・堺市の一部地域など
神奈川エリア…横浜市・川崎市・横須賀市・三浦市

試験の流れ(東京エリアの場合)

地理試験を受けるためには、公益社団法人東京タクシーセンターで行われる講習を受講しなければいけません。期間は全4日間あり、その3日目に地理試験が行われます。

合格後の流れ

合格者には講習の最終日に「講習修了証」と「地理試験合格証」、そして「運転者証」が交付されます。「運転者証」とは、タクシーの助手席前にドライバーの名前と写真が掲示されている、タクシー運転手としての身分証明書です。

タクシー資格で悩んでいる人注目!
資格のない人も丁寧にサポートしてくれる
タクシー求人エージェント3選!

資格なしでもあなたにあった
仕事を探すなら

ドライバーズワーク

ドライバーズワーク公式HP画像
*画像引用元:ドライバーズワーク公式HP
(https://www.drivers-work.com/)

紹介求人は、タクシー運転手に必須である第二種免許の取得支援会社や給与保障制度を取り入れた会社で、収入を得ながら取得できるものばかり。

応募者の条件に合わせて、エージェントが転職までサポートしてくれるので、初めての転職でも安心です。無料で相談もできるので、転職活動中に不安があればすぐに解決して、転職を有利に進められます。

応募者にあった非公開求人を紹介してくれるケースもあるようです。

資格なし・忙しい・選びたい
欲張りな転職なら

求どら

求どら公式HP画像
*画像引用元:求どら公式HP
(http://www.q-dr.net/)

  • ■求どらの特徴
  • No.1 - 会員になるとスカウトサービスが受けられる
  • No.2 - 資格なし以外にも豊富な絞り込み機能
  • No.3 - 入社祝いキャンペーン実施
  • 求どらで自分に合った
    求人を探す!

会員登録をすると第二種免許などの資格がなくても条件に合った会社からスカウトが来るので、なかなか応募をする時間が取れない人でも安心。

検索条件も細かく、資格取得だけでなく、給与保障の有無や無線の種類まで指定することができます。

また、求どらでは申請を出しておく事で転職後一定期間すぎると入社祝い金をもらえるキャンペーンを実施。

転職後、安定した収入が入るのか不安な人には嬉しいキャンペーンです。

働き方から選ぶなら

タクルート

タクルート公式HP画像
*画像引用元:タクルート公式HP
(https://www.tr16.jp/)

タクシー運転手に必要な第二種免許の資格を持っていない人でも紹介求人数が豊富なタクルートであれば、条件で絞り込んで、自分に合った会社を探すことができます。

また、好きな会社があって、そこから選びたいという人に向けたグループ企業ごとの絞り込みやダブルワーク、シニア向けなど、応募者の希望に合わせた豊富な特集ページが特徴。

会員登録不要でサクサク応募を進められるので、豊富な案件から選びたい人向けです。

タクシー求人会社3選
タクシー求人会社3選

コンテンツ一覧

タクシーの現役運転手が厳選!求人情報紹介サイト集
  1. ドライバーズワーク
  2. マイナビ
  3. ノルワークス

一覧を見る

大手タクシー会社求人情報・評判まとめ
  1. 大和自動車交通
  2. 日本交通
  3. 帝都自動車交通

一覧を見る

【東京都エリア別】タクシーでの稼ぎ方・働き方
  1. 都心3区
    【中央区・港区・千代田区】
  2. 23区都心部
    【新宿区・文京区・渋谷区】
  3. 23区東部
    【台東区・墨田区など】
  4. 23区南部
    【世田谷区・目黒区・品川区・大田区】
  5. 23区西部
    【中野区・杉並区・練馬区】
  6. 23区北部
    【北区・板橋区・豊島区】
  7. 武蔵野市・三鷹市
  8. 八王子市
  9. その他東京都市町村
    【立川市・町田市など】
【出稼ぎ】地方から東京で運転手になるには【単身赴任】
【東京23区】月収50万稼ぐ方法【タクシー運転手】
  1. タクシー運転手の年収
  2. 大手or中小?タクシー会社の選び方
  3. 効率的な乗客の乗せ方
  4. 客単価の上げ方
未経験者がタクシー運転手になるには
  1. どんな資格が必要か
  2. どんな人が向いてるか
  3. 良いタクシー会社の探し方
  4. タクシードライバーになるまで
  5. 1日の仕事の流れ
  6. タクシー初心者が稼ぐための3つのポイント
  7. タクシードライバーはブラックってホント?
【現状は?今後は?】もっと知りたい!タクシー業界
  1. タクシー業界よくあるトラブル集
  2. 【2017年1月】初乗り料金改定後…どうなった?【損or得】
  3. 2020年、東京オリンピックでタクシー業界に変化が!
  4. タクシーアプリは運転手にとってメリットなのかデメリットなのか
タクシードライバーと他ドライバー職のメリット比較
  1. 運転代行
  2. トラック
  3. バス

PAGE TOP