稼げるタクシー求人の探し方ガイド

現役タクシー運転手がオススメする求人サイト&テクニック集

未経験者がタクシー運転手になるには

初めてタクシー業界への転職を考えている人が、無事にタクシー会社に採用されてから一人前のタクシー運転手になるにはどうすればいいのか、いくつかのポイントを紹介しています

未経験でもタクシー運転手になれるの?

どんな人でも初めての業界に転職するのは心配なもの。それはタクシーでも同じでしょう。

全国にはタクシーの運転手が個人タクシーも含めると約40万人もいます。そして、その大半を占めているタクシー会社に所属しているドライバーの多くは、別の職種からの転職経験者です。特に大手タクシー会社の場合は、それぞれオリジナルの研修カリキュラムがあるため、経験者より未経験の方を優遇する傾向にあります。業界についてまったく知識が無い未経験者の方が、経験者よりも育てやすいという教育面でのメリットがあるからです。最近では研修・社員教育面でのサポートを充実させ、運転手の育成に力を入れている会社も増えています。

東京23区だけでもタクシー会社の数は実に約350社。競争が激しい中で他社より多く利用者を獲得するには、接客対応などサービス面の充実が課題となってきます。ですから、未経験者でも教育体制が整っている会社を選べば安心してタクシー運転手を目指せるのです。

タクシー運転手になるには第二種運転免許(二種免許)が必要です。また、東京23区など一部のエリアでは地理試験に合格しなければ運転手として乗務できないというルールがあります。

誰もがなれるかと思えば、実は厳しい試験があるタクシー運転手。具体的にどんな資格・試験に合格しなければいけないのか、どういうタイプの人が向いているのか、1日の仕事の流れや働く会社の選び方などをひとつずつ紹介していきます。

どんな資格が必要か

タクシー運転手になるために必須の資格は二種免許です。また一部のエリア内で営業するタクシー会社で働くためには、「地理試験」にも合格しなければなりません。タクシー会社の中にはこうした資格取得を援助する体制が整っているところもあります。

タクシー運転手になるために必要な資格について詳しく見る>>

どんな人が向いてるか

タクシー運転手に向いている人は観察力と向上心がありコミュニケーション好きで自己管理ができる人です。逆に向いていない人は接客が苦手で、自分で考えて行動するより指示された方が楽だと思う人、腰に持病がある人です。

タクシー運転手に向いている正確について詳しく見る>>

良いタクシー会社の探し方

大手タクシー会社や大手傘下の会社を選ぶと乗客を獲得しやすい環境が整っています。また故障や事故など万一の場合に対応力がある会社であれば安心して働けます。さらに営業所が都内だと効率よく営業できます。

未経験者も安心できるタクシー会社について詳しく見る>>

タクシードライバーになるまで

入社後は二種免許などタクシー運転手に必要な資格試験を受けます。その後社内研修を経ておよそ1ヶ月後にはタクシー運転手としてデビューできます。まずは学んだことを活かして仕事に慣れることから始めます。

タクシー運転手になるための研修について詳しく見る>>

1日の仕事の流れ

タクシー運転手の勤務体系には昼勤、夜勤、隔勤があります。一番多いのは隔勤で、出勤日は最長21時間と決められた時間内で働き、翌日は休みになります。早朝6時半の点呼から始まり、翌日午前3時頃に退社するまで2回の食事休憩があります。

タクシー運転手の仕事内容について詳しく見る>>

タクシー初心者が稼ぐための3つのポイント

新人でも基本を守れば稼ぐことは可能です。空車を目立たせる、走っている時は常に営業状態、人の流れをイメージして先回りするなど当たり前のことをしっかり続けることが、コンスタントに稼ぐコツです。

新人タクシー運転手が稼ぐポイントを詳しく見る>>

タクシードライバーはブラックってホント?

タクシー運転手の仕事はブラックと思われがちですが、その多くは誤解です。長時間労働や低賃金というネガティブなイメージはタクシー業界の独特の勤務体系、給与体系をよく理解していないとことから来ています。

タクシー運転手のブラック疑惑について詳しく見る>>

 

 
ページの先頭へ