稼げるタクシー求人の探し方ガイド

現役タクシー運転手がオススメする求人サイト&テクニック集

未経験者がタクシー運転手になるには

初めてタクシー業界への転職を考えている人が、無事にタクシー会社に採用されてから一人前のタクシー運転手になるにはどうすればいいのか、いくつかのポイントを紹介しています。

未経験でもタクシー運転手になれるの?

どんな人でも初めての業界に転職するのは心配なもの。それはタクシーでも同じでしょう。

全国にはタクシーの運転手が個人タクシーも含めると約40万人もいます。そして、その大半を占めているタクシー会社に所属しているドライバーの多くは、別の職種からの転職経験者です。

特に大手タクシー会社の場合は、それぞれオリジナルの研修カリキュラムがあるため、経験者より未経験の方を優遇する傾向にあります。業界についてまったく知識が無い未経験者の方が、経験者よりも育てやすいという教育面でのメリットがあるからです。

最近では研修・社員教育面でのサポートを充実させ、運転手の育成に力を入れている会社も増えています。

東京23区だけでもタクシー会社の数は実に約350社。競争が激しい中で他社より多く利用者を獲得するには、接客対応などサービス面の充実が課題となってきます。ですから、未経験者でも教育体制が整っている会社を選べば安心してタクシー運転手を目指せるのです。

タクシー運転手になるために必要なもの

タクシー運転手になるには、絶対に「第二種運転免許(二種免許)」が必要です。また、東京23区など一部のエリアでは「地理試験」に合格しなければ運転手として乗務できないというルールがあります。

誰もがなれるようかと思えば、実は厳しい試験があるタクシー運転手。具体的にどんな資格・試験に合格しなければいけないのか、どういうタイプの人が向いているのか、1日の仕事の流れや働く会社の選び方などをひとつずつ紹介していきます。

 
ページの先頭へ