稼げるタクシー求人の探し方ガイド

現役タクシー運転手がオススメする求人サイト&テクニック集

【地域別】タクシーの求人事情を調査!

タクシーの求人動向を地域別にまとめて紹介しています。

タクシーの求人が多いエリアとは

全国のタクシー事業者は約15,000社あり、個人タクシーも含めると実に24万台ものタクシーが、さまざまなところを毎日走っています。これだけの規模があるのですから、求人情報が多いのもこの業界の特徴でしょう。

中でも登録法人数と車両数、そして求人数がダントツに多いのが東京です。登録されているタクシーの車両数は5万台。日本のタクシーの5台に1台は東京に集まっているのです。

それは1社で数千台の車両を抱える大手タクシー会社があるため。大手に入社できれば高収入も期待できますし、福利厚生などの点でも手厚く、全国のタクシードライバーにとっては一度は働いてみたい場所ではないかと思います。

次に法人数・車両数が多いのが大阪です。車両数は2万台と東京の半分以下ですが、法人数は東京とほぼ同じ1,200社弱。中小の会社が多いのが大阪の特徴でしょう。

タクシー業界の求人傾向について

タクシー業界は一時、業界への参入を自由化したことで都心部を中心に多くの会社が設立されました。その一方で、運賃の値下げ競争による業績悪化でリストラが進んでしまい、業界は縮小傾向にありました。

しかし現在では規制強化に一転し、加えて景気も回復してきたことから、タクシーの需要も徐々に回復。人手不足やドライバーの高齢化も相まって求人募集が増えつつあるようです。

タクシードライバーになった人に聞きました

私の周囲の先輩ドライバーに色々と話を聞き、その一部をまとめてみました。転職の決断を迷っている方の後押しが出来れば嬉しいです。

タクシードライバーになる前後での収入の違い

前職 前職での年収 現在の年収
トラックドライバー 300万円 520万円
警備員 280万円 480万円
タクシードライバー 420万円 580万円

これを見ると、いかにタクシードライバーが稼げる職業なのか、よくわかります。また、タクシー会社によっても歩合率が少なからず変わってくるので、タクシー会社間を異動するドライバーもいます。 

タクシードライバーになって良かったこと

  • 前職に比べて大幅に年収がアップした
  • 歩率という給与体系に不安があったが、思った以上に安定して稼げる
  • 2日に1回という勤務スタイルのため、自分の趣味の時間や家族と過ごせる時間が増えた
  • 一回得意なルートなどを見つけると、ずっと稼ぐことができる
  • お客さんにありがとうと言ってもらえる

※逆に苦労したこと

  • 道を覚えるのに時間がかかった
  • 酔っ払ったお客さんの対応が大変
  • 初めての接客業でコミュニケーションに戸惑った
  • 夜勤に慣れるまでは眠気との戦いだった

これからタクシードライバーを目指す人に一言

  • タクシーは給料が安いと思っている人が多いかもしれませんが、東京ですと平均400万円以上を稼ぐことも可能です。中には600万円以上稼ぐ人もいるほど、やればやるだけ稼げるんです。
  • 未経験だからといって二の足を踏んでる人がいるならば、是非とも一度やってみてください。以外とすぐに稼げますし、60才未経験で始める人もたくさんいます。
  • 周りのドライバーさんと話をすると、みんなそれぞれの理由でドライバーになっています。お金が必要な人、時間を持て余しているからやっている人、人と話すのが好きな人、運転が好きな人……いろんな人がいっぱいいるので、毎日とても楽しいです。
 
ページの先頭へ